コドミンが効く、ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは・・・

ADHDとは

英語で Attention Deficit Hyperactivity Disorder の頭文字の略です。
不注意(集中力がない)、
多動性(じっとしていられない)、
衝動性(考えずに行動してしまう)   3つの症状が現れる発達障害です。

具体例をあげるとすれば
みんなが座っているときにどうしても立ち歩いてしまう、
順番をじっとして待っておれない。
すこしの事で大声を上げる、
忘れ物ばをよくする・・・などで  これらはどれもADHD(多動性障害)の症状です。

ADHD(多動性障害)の症状は子供のときだけでなく大人になってからも現れます。
子供のうちだけなら、しょうがないですみますが、症状が大人になっても続くとなると、これはなかなかの問題となります。  自分の子供がADHDという診断だと、面倒をみる親としてはかなり悩んでしまうでしょう。

ADHDは障害の一つなのですが、医師の間でも完全な理解があるとは言えず、障害があるというのがよく理解されていない・・・という事がわかりにくい問題の一つです。

落ち着きがなくて授業中であっても、フラフラと歩き回ってしまう子供に対し、周りは「落ち着かなければならないときに困る!」という目で見ます。

本人の自覚がたらないのであろう、とADHDの子供たちに対してよくない感情をもつ場合もあるでしょう。  しかし、他人からいろいろなストレスを与えられるとADHDが治るどころか、おこられ否定されてばかりの毎日で子供が自分に自信を持てなくなっていきます。  そうなりますと状態は悪化するばかりとなります。 悪循環となります。
一生懸命頑張ってなんとかしようとがんばっていても、どうしてもじっとしている事ができない・・・親だけでなく本人も気持的にはつらいはずです。 しかし、自分がADHDであるために、周りからは変な目で見られてしまいます。 急に大声を上げてしまうにしても、本人は好きでそうしているのではありません。

けれど、そういう態度が周りの友達から見れば異質に感じるため、ADHD(多動性障害】を持っている子供は、いじめを受けたり、からかわれたりする場合も多くなります。

そうなりますと、さらに情緒は不安定になりますから、余計に癇癪を起こすようになり、悪いことばかりが続きます。 どうにも止められないADHDの症状に悩んでいる本人、でもそれ以上に「衝動を抑えようとしても、抑えられないADHDの子供」を持っているお父さん、お母さんは頭を抱えてしまう事になります。

子供も小さいうちならば本人は、ADHDであるというつらさに、あまり気づかないかもしれませんが、大きくなるにつれて、「自分がどうしても落ち着いて座っているのができない」のをわかって深く傷つきます。

本人を傷つけないためにも、ADHDの症状は、よくわからない小さなうちから対処法を考えた方がよいのは明らかです。

そんなときにおすすめしたいのは、落ち着きのない子供を落ち着かせる効果がある、ADHDサプリの「コドミン」 というサプリです。 薬ではなくサプリですから、即効性はありませんが、体に害を与えないで、徐々にADHDの症状に効果が現れてきます。

コメントは受け付けていません。