コドミンの効果

コドミンの効果に個人差がある(これは当然ですが)、

アレルギーには注意が必要(これも当然ですが)、
体に合わない場合があるといった事は当然ありますがかなりの方に効果があるのは確かです。よい点では 朝スッキリ起きられるようになる、
ラムネ風味でお子様が続けやすい、
健康的な身体を作ってくれる、
お子様が落ち着くようになる
といったメリットがあります。
続けることで効果が実感できるようになったという方が多いようですのである程度の期間(おすすめはとくとく定期購入です。理由は4ヶ月は使用しないと出るはずの効果もでないからです) 試すなら定期購入をおすすめします。 最低限の期間使用してみて効果がなければ解約する事ができますので・・・

・・・コドミンの期待できる効果と特徴について

健康維持効果や集中力アップ効果、
リラックス効果、
反射能力アップ効果、
ストレス緩和効果
といった効果が期待できるようです。
ストレスを改善し、リラックスすることでよく眠れるようになり、また朝スッキリ起きられ、集中力が上がり、反射能力が上がる・・・・といったことに関連するようです。

成分はどんなものが入っているのでしょうか?

還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)  です

・・・コドミンには副作用の危険性はあるのでしょうか?

特に副作用が心配される成分は含まれていません。
ただ、明らかな食物アレルギーをお持ちのお子様に与える場合は成分をよく確認してから購入することをおススメします。 ふつうはよほどひどいアレルギーでなけらば特に問題はない場合がほとんどです。
また、反復して食べていて調子が悪くなる場合が確かにありますので、。摂取していて体調不良が出るようでしたら早めに使用中止することをおススメします。

・・・・・・・・コドミンの使用方法

1日1~2粒が目安になっています。
この量は目安ですので、体調をみながら調節が必要な場合があります。
多量に一度に摂取するよりも、適量を毎日続けることがとても重要です。
なるべく習慣づけて続けることがとても重要です。

小児の注意欠如・多動性障害(ADHD)の詳しい内容

杉山先生(浜松医科大学特任教授)のお話をわかるようにまとめました

・2013年公表の大がかりな審査基準に(DSM-5)においてADHDは発達障害に分類された
・最近は成人にも少なくないことが明らかになった
・主症状は不注意、多動および衝動性という特徴がある

・不注意として,次のうち6つ(17歳以上で5つ)以上が認められるます

1)綿密な注意ができない.
2)長時間の注意の持続ができない.
3)話しかけられても聞いていないように見える.
4)指示に従って仕事や学業の遂行ができない.
5)順序立てて活動や課題を行うのがむつかしい.
6)がまん(精神的努力)を必要とする課題を避ける傾向がある.
7)必要なものをよくなくす.
8)外の刺激によって気が散漫になりやすい.
9)いろいろな事を忘れっぽい.

・多動性・衝動性として次の症状のうち6つ(17歳以上で5つ)以上が認められる

1)そわそわ・もじもじする.
2)着席を求められても離席する.
3)意味なく走り回ったり高い所へ登る.
4)静かに過ごすことができない.
5)じっとする事ができなし.
6)よくしゃべる.
7)質問が終わる前に答える.
8)順番を待つことができない.
9)人の邪魔をしたり妨害をする.

・これらの症状が12歳以前から学校や家庭など2つ以上の場所で認められること,適応の障害を伴っていることがADHD診断の条件
・子ども虐待に生じる多動性行動障害に似ている可能性があるので注意が必要.
・子ども虐待の場合には児童相談所への通報が義務づけられているので注意を払う必要がある.

わるい口コミ

●子供の学校嫌いが改善されればと思いこちらを購入しました。

試しに飲ませていますが、特にこれといった変化は見られず、相変わらず学校に行くのを嫌がります。

どうにか改善されたら嬉しいのですが、もう少し様子を見たいと思います。

●飲ませていますが、変化はありません。

正直購入しなければよかったと思うほど何も改善が見られないので、3か月が終了したらすぐに解約する予定です。

期待をしていた分残念に思います。もう購入することはないですね。

●飲み始めてから少しずつ朝自分で起きてくる日が増えたように思いますが、まだしっかりと効果が実感できたというわけではないですね。

飲んでいることで効果があれば嬉しいのですが、もう少し続けてみたいと思います。

・・・・・

いろいろな意見があるのは当然ですね。 当たり前ですが効果があまり感じられないという方がいるようです。

効果には個人差が出てもしょうがないとは思います。 ただ効果の判定には口コミにもありますように若干の時間はまたないと判断するのはすこし早い場合があります。 この期間はおそらく数か月でしょう。

また、飲み続けることで変化がみられるサプリメントですので、まず飲み続けることが大切です。

公式サイトでは定期購入を利用することで割引価格になり、購入費用を抑えることができるようです。

コドミンが良いかどうかの判断は定期購入の最低期間は必要かもです。 5か月目からは解約、一旦休止、間隔変更ができるようです。

値段を考えれば最低期間安く飲めますので定期購入を検討してみてはいかがでしょうか?

追)このサプリメントが有効な場合はおそらく偏食がある程度ある お子さん です。 全く偏食がない場合には大きな効果は期待しにくいでしょう。 ただ偏食がない・・・といっても必要なADHDに対して有効な食事かどうか? は専門家以外は判断は難しいと思います。 病院に行く前にコドミンは試したみす価値はあると思います。

 

コドミンが効く、ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは・・・

ADHDとは

英語で Attention Deficit Hyperactivity Disorder の頭文字の略です。
不注意(集中力がない)、
多動性(じっとしていられない)、
衝動性(考えずに行動してしまう)   3つの症状が現れる発達障害です。

具体例をあげるとすれば
みんなが座っているときにどうしても立ち歩いてしまう、
順番をじっとして待っておれない。
すこしの事で大声を上げる、
忘れ物ばをよくする・・・などで  これらはどれもADHD(多動性障害)の症状です。

ADHD(多動性障害)の症状は子供のときだけでなく大人になってからも現れます。
子供のうちだけなら、しょうがないですみますが、症状が大人になっても続くとなると、これはなかなかの問題となります。  自分の子供がADHDという診断だと、面倒をみる親としてはかなり悩んでしまうでしょう。

ADHDは障害の一つなのですが、医師の間でも完全な理解があるとは言えず、障害があるというのがよく理解されていない・・・という事がわかりにくい問題の一つです。

落ち着きがなくて授業中であっても、フラフラと歩き回ってしまう子供に対し、周りは「落ち着かなければならないときに困る!」という目で見ます。

本人の自覚がたらないのであろう、とADHDの子供たちに対してよくない感情をもつ場合もあるでしょう。  しかし、他人からいろいろなストレスを与えられるとADHDが治るどころか、おこられ否定されてばかりの毎日で子供が自分に自信を持てなくなっていきます。  そうなりますと状態は悪化するばかりとなります。 悪循環となります。
一生懸命頑張ってなんとかしようとがんばっていても、どうしてもじっとしている事ができない・・・親だけでなく本人も気持的にはつらいはずです。 しかし、自分がADHDであるために、周りからは変な目で見られてしまいます。 急に大声を上げてしまうにしても、本人は好きでそうしているのではありません。

けれど、そういう態度が周りの友達から見れば異質に感じるため、ADHD(多動性障害】を持っている子供は、いじめを受けたり、からかわれたりする場合も多くなります。

そうなりますと、さらに情緒は不安定になりますから、余計に癇癪を起こすようになり、悪いことばかりが続きます。 どうにも止められないADHDの症状に悩んでいる本人、でもそれ以上に「衝動を抑えようとしても、抑えられないADHDの子供」を持っているお父さん、お母さんは頭を抱えてしまう事になります。

子供も小さいうちならば本人は、ADHDであるというつらさに、あまり気づかないかもしれませんが、大きくなるにつれて、「自分がどうしても落ち着いて座っているのができない」のをわかって深く傷つきます。

本人を傷つけないためにも、ADHDの症状は、よくわからない小さなうちから対処法を考えた方がよいのは明らかです。

そんなときにおすすめしたいのは、落ち着きのない子供を落ち着かせる効果がある、ADHDサプリの「コドミン」 というサプリです。 薬ではなくサプリですから、即効性はありませんが、体に害を与えないで、徐々にADHDの症状に効果が現れてきます。