小児の注意欠如・多動性障害(ADHD)の詳しい内容

杉山先生(浜松医科大学特任教授)のお話をわかるようにまとめました

・2013年公表の大がかりな審査基準に(DSM-5)においてADHDは発達障害に分類された
・最近は成人にも少なくないことが明らかになった
・主症状は不注意、多動および衝動性という特徴がある

・不注意として,次のうち6つ(17歳以上で5つ)以上が認められるます

1)綿密な注意ができない.
2)長時間の注意の持続ができない.
3)話しかけられても聞いていないように見える.
4)指示に従って仕事や学業の遂行ができない.
5)順序立てて活動や課題を行うのがむつかしい.
6)がまん(精神的努力)を必要とする課題を避ける傾向がある.
7)必要なものをよくなくす.
8)外の刺激によって気が散漫になりやすい.
9)いろいろな事を忘れっぽい.

・多動性・衝動性として次の症状のうち6つ(17歳以上で5つ)以上が認められる

1)そわそわ・もじもじする.
2)着席を求められても離席する.
3)意味なく走り回ったり高い所へ登る.
4)静かに過ごすことができない.
5)じっとする事ができなし.
6)よくしゃべる.
7)質問が終わる前に答える.
8)順番を待つことができない.
9)人の邪魔をしたり妨害をする.

・これらの症状が12歳以前から学校や家庭など2つ以上の場所で認められること,適応の障害を伴っていることがADHD診断の条件
・子ども虐待に生じる多動性行動障害に似ている可能性があるので注意が必要.
・子ども虐待の場合には児童相談所への通報が義務づけられているので注意を払う必要がある.

コメントは受け付けていません。